本文へ移動


お問い合わせ先
────────────────
〒510-0067
三重県四日市市浜田町4-20
JAビル7階
TEL.059-350-8610
FAX.059-350-8611

────────────────
〒514-0003
三重県津市桜橋2丁目177-2
三重県建設産業会館3階
TEL.059-221-5770
FAX.059-221-5771

────────────────
〒516-0064
三重県伊勢市二俣1丁目1番24号
スクウェアモリタ3階 
TEL.0596-63-6580
FAX.0596-63-6581

────────────────

0
2
2
2
4
4
改定後の申請手数料について
2014-04-25
ご案内させていただいておりました申請手数料について、別紙のとおりとさせていただきます。
平成26年7月1日受付分より適用させていただきます。ご理解のほど、よろしくお願い致します。

※申請手数料一覧の建築物区分を数字からローマ字に、表番号をローマ字から数字に変更いたしました。
・建築物区分➀・➁ → 建築物区分A・B
・表A・表B → 表1・表2

申請手数料改正のお願い
2014-04-01
 平素は格別のご高配を賜り心より御礼申し上げます。
 さて、弊社の各申請手数料につきましては、微力ながらも永年にわたり据え置きの努力を重ねて参りましたが、ご高承の通り諸物価の高騰に加えて、平成26年4月1日から消費税が増税されます。
 数年前から、固定費が高騰する状況を何とか現行の手数料で維持できるように、社員一同で経費の節約などに取り組んできましたが、それも苦境の域に達しました。
 以上のような事情でございますので、何卒、申請手数料改定の件をご理解いただきます様、よろしくお願い申し上げます。

改定の時期は、出来る限り先送りさせていただき、平成26年7月1日受付分からとさせていただきます。なお、改定後の手数料については平成26年4月25日に店頭とホームページ等でご案内をさせていただきます。

弊社では、従来以上にお客様の利便性向上に取り組み、皆様に満足いただける組織になるように努めてまいります。
まずは略儀ながら書中をもちましておねがいまで。
検査申請書の様式変更について〔追加情報〕
2014-03-28
平成26年3月25日の官報にて、検査申請書の正誤が出されました。

第四面
 
 【誤】 建築設備に用いる材料の種類及びその照合した内容並びに当該建築材料の構造
     及び施工状況(区画貫通部の処理状況を含む)
                                               
 【正】 建築設備に用いる材料の種類及びその照合した内容並びに当該建築設備の構造
     及び施工状況(区画貫通部の処理状況を含む)


 ※中間・完了検査申請関係書類は変更しております。
確認申請書等の様式変更について
2014-03-21
建築基準法施行令の一部が改正となり、平成26年4月1日より施行されます。
これにともない、確認申請書・中間検査及び完了検査申請書の様式の一部が変更されます。

※改正箇所
確認申請書 【第五面 6.天井】
中間及び完了検査申請書 【第四面 工事監理の状況】

新様式について、ご不明な点がありましたら窓口にてお問い合わせください。
※確認申請書式一覧、中間・完了書式一覧に新様式も掲載しています。参照ください。
住宅性能表示制度が見直されます
2014-03-10
評価方法基準が見直されます。
詳しくは評価協会のHPをご確認ください。
業務範囲拡張のお知らせ(1、2号の受付開始について)
2013-10-01
平成25年10月1日より従来の3号・4号物件に加え、新たに1・2号の建築確認申請の受付を開始いたしました。(四日市センター・津センター)
業務の開始に伴い、一部申請手数料の変更がございます。

※500m²を超える建築物の申請は、用途・規模など事前に相談をお願い致します。
※平成25年9月30日までに建築確認申請を受付受理した物件につきましては、建築確認申請受付時の検
 査手数料となります。
郵送等による送付申請の開始について
2013-10-01
窓口での申請に加え、新たに郵送などによる「送付申請」を開始いたしました。
詳しくは、送付申請をご覧ください。

※送付の際は「信書扱い」でお願致します。
「すまい給付金」について
2013-08-02
消費税引き上げ時に実施する予定の住宅取得者向けの給付金などについて、専用のホームページが開設されました。説明会のご案内等がご覧いただけます。
建築士免許写しの添付不要について
2013-06-24
建築基準法施行規則が改正され、確認申請書及び完了検査申請書に添付している「建築士免許書の写し」が不要となります。(平成25年7月1日より施行)
なお、弊社に提出いただく確認申請等における建築士であることの確認は、建築士データベースの登録情報により従来通り行います。但し、これにより確認出来ない場合は、建築士免許の原本提示などの対応をお願いする場合がありますのでご了承ください。
特殊建築物等の定期報告業務について
2013-06-11
特殊建築物等の定期報告業務を始めます。
TOPへ戻る